YOKOTA Yusuke Lab.

メイン画像

ごあいさつ

東京大学生産技術研究所
海中観測実装工学研究センター
講師 横田裕輔 です.


衛星観測工学・海洋工学に基づき,海中・海底情報システムを研究しています. 宇宙測地学や地球科学とも関連を持ち,多くの機関と連携して地球規模の現象を解明しています.

多様な観測技術の進歩によって海洋観測の手段は多様化しています. 新しい手段・結果をどのように利用するかは海洋観測の永遠のテーマです. 新しい観測技術の海洋観測への導入を推進しており,現在はGNSSを中心とした衛星観測の応用を研究しています.

新着

研究内容

GNSS-A

goods

海底下で発生する海溝型巨大地震の震源近傍では日々様々な現象が発生しています. GNSS-Aと呼ばれる衛星測位工学と海洋音響工学の融合技術によって,2010年代以降,極めて精密な描像を知ることができるようになってきました. このセンサーの高度化と応用を研究しています.

GNSS, SLR &
Space geodesy

goods

衛星を利用した測位手法である衛星測位は1980年代以降,多様な応用研究が検討されました. 海と陸の測位・測量技術とそのデータ利活用システムは発展途上であり,多くの研究開発要素を残しています. GNSS, SLR, 国際測地観測網に関する高度な利活用に向けた研究を進展しています.

Earthquake &
Disaster prevention

goods goods

精密に決定された測位情報は測地学・地震学以外にも多様な地球科学分野と防災工学分野に応用されています. 適正な地震防災・予測研究,地球科学への応用研究を進めています.

Oceanography & others

goods

GNSS-Aをはじめとする比較的新しいセンサーには隠れた情報が数多く眠っています. たとえば,近年の研究でGNSSにおけるGNSS気象学に対応するGNSS-A海洋学の可能性が示されました. 衛星観測工学と海洋センサー工学の学際的拡張と応用を進めています.

詳しく

研究協力

goods

宇宙測地学の安定した運営に資する国際的な枠組み「GGOS」の日本での取り組み GGOS Japan に貢献しています.
GGOS Japan HomePage

アクセス

  • 〒153-8505  東京都 目黒区 駒場 4-6-1 東京大学生産技術研究所 Dw-503
  • Tel : 03-5452-6187
  • Mail: yyokota[at]iis.u-tokyo.ac.jp
Curriculum Vitae

English Page

TOP